得られる体験

 

一次産業従事者が抱える課題を目の当たりにできます。

●1次産業従事者の労働力減少問題
●高齢化による生産効率の低下
など、今抱える日本の1次産業課題をご体感いただけます。労働力不足、人口減少、高齢化問題により、荒れた田畑を見ていただき、実際に労働体験もしていただけます。
そして、「地域で学ぶ」研修では課題を目の当たりにするだけでなく、田畑で働く元気な80代のおじいちゃんとの交流や、食料自給率の観点からも地方の方々が生き抜くたくましさを感じていただける体験となっています。

・1次産業の労働を目の当たりにしたい
・人口減少をすると町がどう変化するのかを実感したい
・地域で食料を自給自足しながら生き抜く価値観を知りたい
などのお声にお答えします。

 

 

人口問題(少子高齢化・人口減少)課題を目の当たりにできます。

●最も村で若い世代が40代、一方現役で活躍する80代の現状
●インバウンド戦略、教育観光業の戦略など地方地域が努力する受け入れ体制の実態

 地方の地域では、少子高齢化による産業維持の課題や一番の若者が40代という現状、80代のおじいちゃんが1次産業を支える姿、そして「助け合い」という昔ながらの日本人の姿を感じていただくことができます。その上で、地方地域が考える「人々を受け入れるための戦略」について課題が大変大きいことを実体感していただけます。

・日本の人口問題(少子高齢化・人口減少)を目の当たりにしたい
・地域の方々が助け合い生きていく価値観を感じてもらいたい
・地方地域が考える地方戦略を聞いてみたい
などの声にお答えします。

 

 

日本に起こる環境問題を目の当たりにできます。

●日本の美味しい水が生まれる原理
●生物の多様性があるから生きられる(生きるということの意味)
●マイクロプラスチック問題
●気候変動が地方地域に引き起こしている問題
地方地域には、美味しい水が生まれる原理を、まだそこで体感でき、理解できる場所があります。
また生物の多様性を目の当たりにでき、その生物達がそれぞれ生息しているからこそ、絶滅を防ぐ相互関係についても生物達から感じることができます。
そして、今話題のプラスチックゴミの問題についても、地方地域では今正に目の当たりにしている地域があり、実体感として感じる機会となります。
この研修ではこのような様々な環境課題を目の当たりにし、考える機会をご提供します。

・美味しい水が生まれる原理を学びたい
・生物の多様性、循環を学ばせたい
・プラスチック問題に触れさせたい
・気候変動が引き起こしている環境の変化を感じたい
などの声にお答えします。

 

 

地方が取り組む新たなチャレンジを目の当たりにしたい

 

●日本初浮体式洋上発電所の取り組み
●インバウンド対策やIターン等人口流入の取り組み

地方地域では、様々な課題を解決するために、多様な取り組みを行なっています。地方におきている様々な課題に対し、現地の方はどのようなことを考え、どのような対策を講じているのかを聞いていただけます。

・地方地域の課題に対して、現地の方々が今行なっていることを聞きたい
・新しいエネルギー産業を理解したい
などの声にお答えします。

 

 

 

具体的な体験例はこちら

 

 

更新日:

Copyright© 地域で学ぶー体験型教育機会によるイノベーション人材育成研修 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.